埼玉の通信制高校に入学し、卒業しました

一番最初に通った学校が最も印象が良かった

やはり一番最初に通った学校が最も印象が良かったので、最初に通った学校に入学することを決意しました。
とはいえ、高校なので入学する際には試験があると聞き、正直これまでまともに授業を受けていないという事もあってとても不安でした。
ところが実際に試験を受けてみると、提出するのに必要な書類を書くのと、軽い面接だけで試験は終了しました。
試験ではどうしてこの学校に通おうと思ったのか、といったことが聞かれましたが、嘘偽りのない自分自身の言葉で回答することを心がけました。
そして見事合格し、晴れて通信制高校に通う事になりました。
授業は主にレポートの提出になっていました。
授業はインターネット上で実施され、パソコンだけではなくスマートフォンでも授業を受けることが出来るようになっています。
私は自宅で授業を受けるほかに、お気に入りのカフェに行ってお茶しながら授業を受けたりしていました。
カフェで授業を受けることが出来るというのは通信制高校でしかできない貴重な体験だったと感じています。
また月に1回だけ、スケーリングといって学校に登校しなければいけない日があるのですが、その日は友達に会えるのがとても楽しみで授業を受けるというより遊びに行くという感覚でした。
一か月ごとに会う友達とは近況を話したり、勉強のことを相談したり、アドバイスしたりしていました。
また私の学校ではイベントも定期的に開催されていました。

通信制の高校に通う事を決心した原因は高校でのいじめ一番最初に通った学校が最も印象が良かった通信制の高校に通ったおかげで私の学生生活は大きく変わりました